「松鶴家 天太」(しょかくや てんた)

【プロフィール】

9歳の時に劇団に入った事をきっかけにエンターテイメントの世界へ入る。
19歳からストリートダンスとアクロバットも学び、ダンサーとして青山円形劇場・新宿スペースゼロ・クラブチッタ川崎等で多数の舞台経験をする。
その後パフォーマーの松鶴家ぽん(旧姓・PONTA)氏の出会いをきっかけに、本格的に、ダンサーからパフォーマーへの道を歩き始める。
2007年11月、松鶴家千とせ一門の「松鶴家」を襲名し、「松鶴家 天太」(しょかくや てんた)として活動を開始する。

港北モザイクモール・ららぽーと、AEON モール、大型デパートのイベントなどにも出演し。
千葉県にある大型テーマパークでのパフォーマンスや、サンリオエンターテイメントでのパフォーマンスをするなど、大手テーマパークでも出演経験がある。
演者としてだけではなく、川崎市立聾学校に川崎市非常勤講師として、聾学校高等部の文化祭にて行われる「大道芸ショー」の技術指導・演出を手がけた経験もあり。パフォーマンスを通して、何事もチャレンジする気持ちと成長してく実体験を伝える事もある。

多くの幅広いパフォーマンスの種類と、場所の広さや高さ、大人数のイベントから個人のホームパーティー、幼稚園や保育園から老人ホームまでそのパフォーマンスの種類と幅の広さ、ニーズにあったパフォーマンスを提供できる事が最大の持ち味である。